ネットワークエンジニアとして働くならば、正社員、派遣社員、正社員という順序で仕事を進めていくと有利です。

派遣で働くネットワークエンジニア職ガイド
派遣で働くネットワークエンジニア職ガイド
派遣で働くネットワークエンジニア職ガイド

ネットワークエンジニアなら派遣社員も有利

一般的に派遣社員というのは、正社員よりも仕事が枠外なものになりがちで、給料が少ないものだと言われています。それは雇用する側の正社員を育てて、将来的にずっと戦力として働いてもらいたいという希望から生ずるものだと思われます。派遣社員は維持時的な雇用という側面が拭えないという点もあり、そのためどうしても正社員の方に正規の大きな仕事をまかせるという傾向が強いからです。しかし、最近ではアウトソーシングという概念もでてきましたから、自分たちの企業の人材ではカバーすることができない仕事を外部の派遣社員に頼ることが多くなりました。これは派遣で働く人たちにとってはチャンスであると言えます。特に、特別な知識が必要になる、専門性が高い医療やITに関連する分野は多くの人材が求められています。人材が求められる理由は色々あるでしょうが、多くの人材が必要とされている分野ながら、働く人材が大きく不足不足しているということが大きいかと思います。

このような事情もあり、派遣社員にもスポットライトが当たってきたとも言えるのですが、そのなかでもIT系の職業であるネットワークエンジニアは正社員よりも給料が高いという傾向があるようです。もちろん、それはこなせる仕事の質によっても大きく変わりますが、一般に仕事に脂が乗ってきた20代後半?30代には仕事の黄金期だと言われているようです。ネットワークエンジニアは最初は正社員で未経験でも行えるようなネットワークの監視や運用業務を担当することが多いようです。そしてだんだんそのようなネットワーク関連の仕事になれてきたころに、自分のやりたい仕事を中心に行えるように派遣社員として働くことで、自分の持つネットワークの知識を活かした仕事によって大きなプロジェクトをまかせられるという場合が多いのです。この後、30代に入ってくると営業などの仕事をまかされたり、転職が難しくなるなどの理由で正社員に戻ります。このように、正社員、派遣社員、正社員という順序で仕事を進めていくとネットワークエンジニアとして活躍の場が広がる可能性が高いです。

お役立ち情報