ネットワークエンジニアという仕事はプロジェクトの単位で動きます。そのため派遣社員の需要が高いと言われています。

派遣で働くネットワークエンジニア職ガイド
派遣で働くネットワークエンジニア職ガイド

プロジェクト単位で動くネットワークエンジニアの派遣

派遣職員と正社員、どちらが安定した職業かと聞かれると景気のよかった頃はもちろん正社員、と言われていました。なぜならば正社員には終身雇用制という一度就職したら退職するまで働き続けることができるという大きな安心要素があったからです。しかし、最近では不景気が続きその終身雇用制も雲行きが怪しい企業も増えています。つまり、正社員にしても派遣社員にしても安定の度合いは対して変わらなくなってきているのです。それでもやはり過去の習慣から派遣よりも正社員の方が待遇がいいと思い込んでいる人も多いようです。しかし、ネットワークエンジニアなどのIT系の派遣社員ではわりと以前から派遣で働くことが当たり前に思われていたようです。

これはエンジニア職一般の傾向と言えますが、エンジニアの仕事はプロジェクトというのが仕事の一つの単位になります。そのため、会社の仕事をするというよりは、特定のプロジェクトを完了させるという意識が強いのです。つまり期間が定められている派遣という業務体制の方がなにかと都合が良い場合が生まれるわけです。期間が決められているので、より熱心に仕事をするためクライアントを待たせる可能性が減ったり、技術力のあるエンジニアを集めてチームをつくることができます。また、一度正社員として雇用されてしまうと、優秀な人材であればあるほど企業がなかなかその人材を手放すことがないので、その分派遣社員に需要が多く集まっているようです。

お役立ち情報