ネットワークエンジニアは正社員よりも、契約社員や派遣社員の方が稼げてしまう場合が多いです。

派遣で働くネットワークエンジニア職ガイド
派遣で働くネットワークエンジニア職ガイド

派遣社員での高給のネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアでは正社員よりも、派遣社員の方がお金を稼げてしまうなんていうことが多くあります。良くも悪くも実力社会です。大企業の正社員ならば転職の必要もないでしょうが、そうじゃないならば技術が十分であるならば、視野に入れて考えて見るのもいいかもしれません。

エンジニアの給料は実力によって、コーディングの汎用性やスピード、マネージメント能力などが関係してきます。正社員でも技術がともわなければ、ついていくことも難しい業界でもあります。きちんとした知識とコーディング能力があるのならば、派遣社員として働いても、年収600万円から年収1000万円程度まではいくと言われています。いかない場合は技術力不足か、会社にお金を取られ過ぎています。派遣ではその時々によって参加するプロジェクトが違います。一ヶ月で100万円以上の給料がもらえてしまうプロジェクトもあるのです。相場としては1プロジェクトあたりでだいたい40万円から100万円程度です。ボーナスがないことはネックになってしまいますが、それでも金額としてはおおいですよね。正社員よりもこの業界では、多くもらえるなんていうことは多いのです。正社員のうちに、コーディングの勉強を二十代のうちにして、それからフリーになって稼ぐなんていう方も多いことでしょう。稼ぎたいというネットワークエンジニアの方は、検討して見るのもいいかもしれません。もしかすると今より稼げるかもしれません。

お役立ち情報